家具に使用する木材

ブナ

ブナ
科 目: ブナ科ブナ属の落葉広葉樹
産 地: 北海道南部から本州、四国、九州に生育
特 徴: トーネットの曲げ木やウェグナーのYチェアに使われている樹種と言えば、わかる人も多いはず。淡い黄白色に水を吸い上げる導管が小さな斑点として現れていて、それほど木目がはっきりしない優しい表情をした樹種です。ほぼ日本全国に生育しており、蓄積量NO.1の広葉樹です。

レッドオーク

レッドオーク
科 目: ブナ科コナラ属の落葉広葉樹
産 地: 北米全域
特 徴: 日本のナラと同じ種類になりますが、色目が黄褐色から少し赤みがかった紅褐色をしており、木目がよりはっきりした印象です。ナラ同様、家具や造作材としてよく利用され、柾目で取った時に「虎斑(とらふ)」という模様が現れます。

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュ
科 目: モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹
産 地: 北米全域
特 徴: 日本のタモや塩地(シオジ)に類する木です。名前が示す通り、清潔感のある白系の色合いは「和」の空間にも合わせやすく、家具だけでなく窓枠やカウンターなどの造作材としても人気です。アメリカでは古くはインディアンの弓矢や衣類の材料として、現在はメジャーリーガーが使うバットの素材として利用されています。

サーモアッシュ

サーモアッシュ
科 目: モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹
産 地:
特 徴: ホワイトアッシュにサーモ加工という高温乾燥処理を施したもの。そうすることで含水率が減少して形態が安定し、虫害や腐朽に強くなるメリットがあります。見た目にはツヤのある黒色に変化し、うづくり仕上げのように木目が浮き上がり、独特な表情になります。

タモ

タモ
科 目: モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹
産 地: 北海道に多く、本州北・中部にもごく僅かに分布
特 徴: ホワイトアッシュ同様、白系の色目に明瞭な木目が特徴的で、様々な空間に合わせやすく造作材としても家具材としても人気の樹種です。バッドの素材としても有名ですが、弾力性のある性質のためにラケットやスキー板などの運動具材としても使用されています。

サクラ

サクラ
科 目: バラ科サクラ属の落葉広葉樹
産 地: 本州、四国、九州に自生
特 徴: 日本人にとって一番身近で馴染みのある木かもしれないサクラ。淡い黄褐色の色目と、トチやメープルのような緻密な木肌が特徴です。その上、硬くて強靭で加工性や着色性に優れているため、建築や家具でよく使われおり、それ以外では楽器などにも使用されています。また、焚いた時の香りがいいので、昔から燻製用のスモークチップとしても利用されています。

ナラ

ナラ
科 目: ブナ科コナラ属の落葉広葉樹
産 地: 北海道から本州、四国、九州に生育
特 徴: ブナ、クヌギと共にドングリのなる木としてお馴染みなのが、このナラ。水分を多く含んでいるため乾燥に時間と手間が掛かり、その上堅くて加工しずらいのですが、昔から高級家具材として使われきました。柾目で取った時に現れる虎の縞模様に似た「虎斑(とらふ)」と呼ばれる模様はナラ独特のもの。個人的にも好きな樹種のひとつです。

トチ

トチ
科 目: トチノキ科トチノキ属の落葉広葉樹
産 地: 東北地方や北海道南部に多く生育する
特 徴: 絹のような光沢が現れるキレイな木目が特徴で、テーブルの天板に使うとその光沢が際立ちます。中心部分が薄茶や黄金色をしていて、周辺になるほど白い木目になります。縮杢(ちぢみもく)が現れた材は高級材として、茶道具や工芸品にも使われます。実は食用としてトチ餅に加工されたりします。

アルダー

アルダー
科 目: カバノキ科ハンノキ属の落葉広葉樹
産 地: 太平洋の北西海岸やヨーロッパに生育
特 徴: 広葉樹にしては比較的柔らかい材で、加工性には優れています。木目や質感が日本のサクラ材に似ているところから、洋ザクラとして名付けられていたこともあります。

メープル

メープル
科 目: カエデ科の落葉広葉樹
産 地: カナダ及びアメリカ北東部
特 徴: カナダの国旗に使われている葉がこのメープルです。絹のように白く美しい見た目とは裏腹にボーリングのレーンやピンに使われるぐらいとても堅い木です。ホワイトアッシュ同様、バットの素材としても有名で73本塁打の記録を持つバリーボンズも愛用していたとか。使い込むうちに乳白色から飴色に変わっていく様を是非楽しんで下さい。

ウォールナット

ウォールナット
科 目: クルミ科の落葉広葉樹
産 地: アメリカ東部及びカナダのオンタリオ州など。
特 徴: 高級感のある美しい木肌と風合いから人気の高い樹種です。濃い茶色のほか、黒紫色、赤紫色などいろいろな色がグラデーションを描く表情は高級感たっぷり。性質として狂いが少なく衝撃にも強いことから、家具だけでなく様々な工芸品にも使われ、意外なところではライフルの銃床にも使われています。その実は「くるみ」と呼ばれ食用にも重宝されています。

ブラックチェリー

ブラックチェリー
科 目: バラ科サクラ属の落葉広葉樹
産 地: アメリカの東部全域
特 徴: 個人的に一番好きな樹種です。製材したての時の淡い薄桃色から使っているうちに飴色から濃い赤褐色に変化する様は、時間と共に味わいを増す無垢材ならではの醍醐味を味わえます。他にも最高のパイプ材として、燻製の際の木片チップとしても使われています。日本のサクランボよりも赤黒い実は「アメリカンチェリー」としても有名です。

パープルハート

パープルハート
科 目: マメ科の落葉広葉樹
産 地: メキシコからブラジル南部の熱帯に分布
特 徴: 名前の通り、木材では珍しい鮮やかな紫色をしていて、「着色ではなく、木本来の色ですよ。」と説明すると、ほとんどの方は驚かれます。伐採直後は褐色ですが、空気に触れる間に紫色に変色し、使っている間に濃茶色に変色していきます。見た目の美しさとは逆に、木質が緻密で重厚なために加工が難しい樹種です。

木材には大きく分けて針葉樹と広葉樹の2種類あり、昔から家具材として使われてきたのはナラやタモなどの広葉樹です。針葉樹と違い木質が緻密かつ重厚で強度がある点が家具にはピッタリだったのです。

色目も木目も様々な広葉樹の中から当店が主に取り扱っている樹種をご紹介します。家具選びの際の参考にどうぞ。

ラタンの素材についてはこちら→
籐家具専門サイト「京都ラタン/豆知識